軽いうつで内服中。これって転職の時に申告するべきですか?

軽いうつで内服中。これって転職の時に申告するべきですか?

仕事がストレスで眠れない、精神的に不安定になる、パニックを起こす、うつ傾向になって仕事に支障が出るという場合があります。医師から診断書が出るようになったら仕事はもちろん休職することが出来、治療をしてからまた復帰するということもできますね。

しかし軽いうつ症状などの時は診断書が出ない場合も。そんな時には、自分で対処しなくてはいけません。もしもこのまま仕事を続けているともっと症状が悪化してしまうと危機感を感じたら、今の職場を辞めてほかのところに転職した方がいいのでは?と感じることもあるのではないでしょうか?

でも軽いうつで少し内服をしているような時、転職って簡単に出来るのでしょうか?また薬を飲んでいることを転職先に伝えた方がいいのでしょうか?うつであるというと、企業は大体少し身構える物です。この人を採用してもいいのだろうか?と。

しかしうつであることを理由に採用を拒否することはできません。またそのような症状があったとしてもその実績がある人ならば、企業は欲しいと思うはずです。

そのため軽いうつで内服中の場合、申告をすべき

なぜなら、うつであるということは偏見があるかもしれませんが、少し仕事の内容を考慮してもらう材料にもなるからです。

また自分にとってもメリットがあります。それはもしもうつの症状が悪化した時には、職場の理解があれば早めに申し出ることにより、悪化する前に有給を取るなど対処が出来るからです。仕事をしていると休むのは申し訳ないと、なかなか体調が本格的に悪くなるまで、休みを取らない人もいます。

しかしながら本当に迷惑をかけたくないと思うのであれば、早めに休みを取って休息を心掛けることも大切なのです。

うつは今時珍しい物ではありません。また職場でも理解が深まってきているものでもあります。そのために会社に迷惑をかけないためにもうつである場合は申告をし、どの程度であるのか、内服中であるのかという真実を伝えておくべきです。