転職に成功する人と失敗する人

転職を成功させる人の特徴とは?

 企業が45歳を採用する場合には、即戦力となるスキルがある人以外は採用しないということを考えておくことが大切です。そのため、この年代で転職を成功させられるかどうかは、企業ニーズを理解して自分をアピールできるかどうか、それによって、転職の明暗が分かれるといっても過言ではありません。まず、転職を成功させる人というのは、自分のスキルや経験、人脈が転職先でどのように貢献させられるかということを明確にアピール出来る人です。 

 こういう人は転職するしないに関わらず、常に転職市場で、あるいは自分が希望する業界ではどのような経験やスキルが求められて、そこで自分が出来ることは何なのかということを常日頃から意識しながら仕事をしている人です。 そして、普段から時間を作っては、スキルアップのために足りないものを補足している人とも言えます。

 また、即戦力としてスキルを持っているだけではなく、どのような環境でもすぐになじむことができる順応力が高い人柄であるということもあります。それは、45歳というのは、組織の中でリーダーとなってもらうべき年齢です。そのため、どれほど高いスキルを持っていても、周りの人間とうまくやっていけないような、人間であれば組織の和を乱す人になるからです。

転職を失敗する人の特徴とは?

 転職に失敗する人の特徴というのは、転職市場で求められる人材像を把握していないだけではなく、転職先で自分自信の経験やスキルがどのように役立つのかということを理解していない人と言えます。また、企業に対して自分のアピールポイントをうまく表現できない人でもあります。そうなると、多数の応募者の中から有力な候補者を探したい企業としては、自分でどのように貢献できるのかわからない人を採用することはありません。

 また、即戦力として貢献できても45歳はリーダーとなるべき人材ですから、組織をまとめる求心力がなかったり、態度が大きくワンマンで業界での評判が悪いような人材も懸念されます。転職先では、いくら上司といえども新参者ですから、最初は自分から周囲に歩み寄ろうとする人、溶け込もうとするような自助努力をして周りとコミュニケーションを良くしようとする謙虚な人材像が好まれます。そのため、こういったことができない人は企業から採用されることはありません。