効率的な情報収集とは?

効率的な情報収集とは?

 転職活動を成功させるための一番のキーポイントは、如何に効率よく情報を収集できるかです。自分の大切な時間が無駄にならないようにというだけでなく、企業も年がら年中求人を出している訳ではないので、求人が出されたタイミングで素早くその求人企業の情報を収集しなくてはいけないからです。

 もたもたしていると求人期間が終了し、実は自分にとって最適な企業へエントリーする機会が失われてしまった、なんてことになりかねません。ですから、ちょっと気になった時点ですぐに情報収集を始めることが肝心です。そして面接前には出来る限りの情報を得て試験に挑む必要があります。

STEP1:求人をチェックする

 まずはどんな求人があるのかチェックをしましょう。『リクナビNEXT』などの転職サイトを閲覧して、現在どんな求人が出ているのか確認してください。求人票だけでは情報は足りませんが、それでも丁寧に目を通しておきましょう。いくつか興味のある企業がでてきたら、ざっくりとで良いので優先順位をつけ順に調べるようにするとブレないはずです。

STEP2:ネット上から情報収集する

 気になる企業があればまずはネット上から情報を収集しましょう。その会社のホームページやFacebookを覗くのはもちろん、google検索などで会社名やメーカーであれば商品名を検索してみましょう。大きな企業であれば口コも情報なども出てくるはずです。また、掲示板サイトなどもチェックしてみるといいでしょう。

STEP3:転職エージェントなどに直接話を聞く

 転職エージェントやハローワークで見つけた求人であれば、そこの担当者に直接話を聞いてみましょう。場合によっては求人票には記載されていない企業の社風や先方の人事担当者の印象、これまで採用された人から入ってきた情報などがあれば聞き出しましょう。

STEP4:新聞や四季報から情報を得る

 日経新聞や地元紙の経済欄をチェックしていると企業情報が出てきたりします。新聞のWeb欄で検索をかけてみるのも効率的です。また、大手企業であれば四季報に情報が載っているので確認してみましょう。

STEP5:知り合いから話を聞く

 知り合いにその会社や会社が属する業界で働いている人がいれば、直接聞いてみましょう。生の情報ほど得難いものはありません。ただし、情報提供者の価値観にも大きく反映されるため、プラス面とマイナス面の両方を聞き出し、参考にしましょう。